最新小学生の防犯意識を高める方法

子供を狙った犯罪が後を絶ちません。幼稚園や保育園では親子で通う事が出来ましたが、小学生ともなるとそうはいきませんので、心配でたまらないという親御さんも珍しくないでしょう。親が心配しているだけではいけません。子供自身が防犯への意識を高めることで、自分自身を守ることを覚えるべきです。たとえば、みんながつけている防犯ブザー、つい面白がって鳴らしてみたりしていませんか。防犯ブザーは持たせるだけでなくきちんと使いこなせることも大切です。もしもの場合に、ブザーを鳴らすだけでは効果は得られません。不審者に音を止められてしまわないよう出来るものならブザーを鳴らした状態で遠くに投げる、鳴らし続けることが大切です。瞬時にカバンから外して投げられるよう、練習も必要です。家庭においてもよく話し合ってみましょう。

小学生の防犯対策は意識付けプラス最新防犯グッズ

小学生の連れ去りは身近な所でも起こっているかもしれません。学校や家庭でも防犯について「イカのおすし」という言葉を使って繰り返し教育を受けていることとは思いますが、まさかの時に案外身動きできないものです。防犯ブザーだけでは対策とは言えず、意識付けをしっかり行っておくことが大切です。防犯グッズも進化してきています。GPS機能を使って子供の居場所を特定できるようにする小型端末は、まだ防犯ブザーを上手に扱えない子供でもカバンの中に忍び込ませておけば、むやみに触ったりすることもないので便利です。また、ランドセルに取り付ける小型カメラなども出てきています。簡単に取り外せない仕組みになっているので。取り付けているだけでも効果は抜群。その存在は不審者や危険を寄せ付けません。

小学生向け防犯グッズはどんどん進化しています

最近の防犯グッズは、一見してそれとわからない工夫がされており、小学生も進んで取り付けたくなるようなデザインが多くなっています。また音量レベルも上がってきており、不審者を委縮させることができます。機能面でも軽さを重視したもの、電池持ちが良い物、引っ張るピンの紛失を防止するもの、音と同時に点滅するもの、ふいに鳴らしてしまわないような作りのものなどバラエティに富んでいます。防犯ブザーは使う機会がないに越したことはありません。しかし、存在を忘れてしまったり、いざという時に電池切れといったことになったりすると意味がありません。家庭において、定期的に防犯について話し合ったり、ブザーを点検したり、使い方を再確認したりするのが望ましいです。グッズだけに頼らず、ひとり下校しないとか、大きい車のそばに近寄らないといったことも教えておきましょう。