役立つ小学生向け防犯グッズの紹介

小学生になると、常に親と一緒だった保育園幼稚園時代とは違い、一人で行動することが増え行動範囲も広がります。その分犯罪に巻き込まれてトラブルに遭うのではないかとの心配も増えるのではないでしょうか。そんな時に子供を守る手助けになるのが防犯グッズです。例えば、いざという時に周囲に危険を知らせてくれるのが防犯ブザーです。いろいろな種類のブザーが販売されておりますが、小学生が使用することを念頭に置いて選びましょう。鳴らした時の音が大きくシンプルで使いやすいもの、また壊れにくくランドセルにつなげやすいものが良いでしょう。選ぶ際には実際に使用してみて確認をしてみてください。購入後も電池切れや故障はないかのチェックを定期的に行いましょう。いざという時に使えないという状況は避けたいです。

携帯電話は便利だが諸刃の刃とも言える

携帯電話やスマートフォンには主に子供が使用することを目的とした機種が各社から出ています。これらの機種には、防犯ブザーが付いているものや子供の居場所を確認できる機能がついたものなど、防犯対策がとられているものもあります。小学生に携帯電話を持たせると連絡がとりやすくなりますが、親の意図しない使われ方をする可能性もあります。インターネットやアプリなど付いている機能を把握し、不要な機能を制限するなど、親の管理が必要になります。携帯電話を持たせる理由をはっきりとさせ、必要な機能の優先順位を決めた上で機種を選びましょう。また、携帯電話は学校によっては持ち込みが禁止されているところも少なくないので、確認をしておきましょう。学校で携帯電話の持ち込みが禁止されている、まだ持たせたくはないが何か対策をとりたいと考えるのであれば、次の方法があります。

警備会社のサービスは充実している

まずは、警備会社が提供しているサービスがあります。警備会社から提供される端末を持つことでGPSによって位置情報を確認し、要請があれば現場まで担当者が駆けつけてくれます。会社によっては通信機能が付いているものもあります。駆けつけてもらった時には、その都度料金がかかるなどオプションとして扱われるサービスもありますが、月額1000円代で利用することができます。パソコンやスマートフォンから子供の現在位置を確認することができ、いざという時にすぐ対応してくれる相手がいる安心感は大きいでしょう。小学生が使いやすいシンプルな端末機器になっています。また駆けつけサービスは付いていないものの、子供の居場所や足取りを確認できるものもあります。直接のやりとりはできずとも、子供に合図を送ってそれに応えると連絡が来るようになっているものもあります。小学生の防犯として役立てられるでしょう。