車両運行管理の基本的な機能と使い方
2017.01.11

subimg02車両運行管理システムを導入することによって、効率よくしかも安全に管理が行えるというメリットがあります。その中で、動いている車の管理をすることができるというのは、無駄を省くことだけでなく経費の削減にもなります。基本的な機能としては、現在所有している車を登録することによって、運行計画を立てたり、業務報告もその場で行えるというメリットがります。例えば、運送業では専用のアプリや端末を利用して会社と通信をすることによって、運転中なのか積み込んでいるのか納品に向かっているのかを瞬時に把握できます。そして、使い方も簡単で、アイコンを押すことによって今やっている行動を記録することができ、今までは電話などで連絡を入れていた人もこのシステムを使うことによって簡単に行えます。

そして、点呼をする機能もあり、その時の体調や注意する点を毎回チェックして安全の運航ができるようになっています。そして、運行に当たってはアルコールの検査も行ことができる端末があり、それによってアルコールが残っている場合には運行ができないようにすることもできます。そして、退勤管理では給油をした時の給油量やオドメーターの距離を入力することによって、管理も容易に行えます。そして、運送業でよくあるのが、休憩を取らなければならないののそのまま乗り続けてしまうことです。その点も、タイマーがあり休憩をするようにアラームなどでお知らせする機能もあり、ドライバーの体調管理も行うことができます。そして、運送業以外にもいろいろな業種で活用されていて、タクシーであれば勤務時間などを記録できるため、そこから賃金の精算にも活用できます。

そして、車両運営管理システムを提供しているところによって異なりますが、オプションとしてGPSを使って、現在どこを走行しているのかもわかるようになっています。そのため、宅配業では一番近くを走っている人を向かわせるなどの対応ができます。そのため、燃料費や効率がよくなるだけでなく、サービス内容も向上することができます。そして、もっとシステムが進んでいるところでは車内や荷台にカメラを設置してその状況を見ることもできます。そのため、その業種によっていろいろな使い方ができるようになっています。導入に当たっては、車両情報を入力したりする必要がありますが、システムを運営する会社がサポートをするので比較的スムーズに導入ができるようになっています。

▲ ページトップへ