「動態管理」はこんなシーンで使われているサービスです
2017.01.11

subimg01動態管理は個々の動きをパソコンで管理することができ、その人がどこにいるのかや何をしているのかを知ることができるシステムです。基本的には、GPSを使って現在地を特定することができるほか、指令を出すということもできます。使われるシーンとしては、運送業やサービス業で多いのですが、効率よく車を動かすことによって、経費を抑えられるだけでなくサービス向上にも繋げることができます。そして、仕事では指令を出す人と配送をする人がいますが、指令を出す人はその時の状況を見て指令を出す必要があります。そのため、ドライバーの現在地や情報を得なければ計画や修正もできません。

そして、今までは土地勘を持っている人でないと難しい面もありましたが、動態管理システムは機能が充実しておりサポートもしてくれます。例えば、目的地に行くための最短距離やルートを瞬時に導きだしたり、それによってルートを決めて運行をさせることができます。そして、基本的なルートも登録することができ、その日によってルートを指定して指示も出すことができます。最近は、サービス向上のためにも、時間との勝負という面もあり、システムを導入することによって素早く行うことができるようになっています。もちろん、ドライバーとはリアルタイムで通信をしているため、効率よく動くことができます。ドライバーとしてもスマホなどを携帯していて、それに指示が出るのでそれに従ったり、連絡をすることができます。そして、日報機能も兼ね備えているものがあり、テンプレートとして用意されているのでそのまま入力をして使うことができます。もちろん、管理する側もそのままデータの保管や管理も行えるので効率よく手間をかけずに行えるというメリットがあります。

そして、ステータスによってデータの分析ができ、移動時間や積み込み時間などの集計も行うことができます。もちろん、勤務時間などを把握することができ、健康管理にも活用ができます。ドライバーとしては、専用の端末やアプリを使って現在の状態を知らせることができます。例えば、移動中であれば、移動のアイコンを押して、荷物の積み込みをしている時や休憩中なのかも知らせることができます。そして、導入に当たっては個人や車両の登録が必要であり、必要なデータを用意しておく必要があります。そして、システムの管理料や端末使用料などが発生することがありので、事前に見積りをして把握しておく必要があります。

▲ ページトップへ