プロが教える小学生のための防犯知識

小学生の安全を守るために必要な防犯に対するグッズはたくさんあります。まず一番に思いつくのは、防犯ブザーです。今ではランドセルを購入するときに防犯ブザーも一緒に購入したり、入学後小学校側から防犯ブザーの斡旋があったりしますので、防犯ブザーを身につけている子供たちはたくさんいます。また他にはホイッスルがあります。ホイッスルは災害時の防災グッズとして、備えることがほとんどですが、小学生の防犯グッズとしてホイッスルを携帯している子供たちが増えています。そしてキッズ携帯を持たせている家庭も多いのではないでしょうか。しかし携帯電話は学校側から禁止されていることも多々あります。また、腕時計型のGPSもあります。生活環境に合わせて様々な防犯グッズを取り入れ子供たちの安全を守りましょう。

防犯グッズは子供たちが使いやすいことが一番

まず小学生が必ず身につけていると言えるのは防犯ブザーではないでしょうか。防犯ブザーにも様々な種類があります。やはり小学生の子供たちのことを考えると、音の大きさも肝心ですが耐久性に優れていることが重要です。子供は走って転んだり、友達と激しく遊んだりすることもありますので、いざ何かあったときに役に立たないのでは意味がなくなってしまいます。そこで、定期的にチェックしたり、電池交換をこまめにする必要があります。そしてキッズ携帯やGPSも多く存在します。キッズ携帯ですと特定の電話番号としか通話もできませんし、GPS機能や防犯ブザー機能もありますので、1台で様々な機能を持つことができます。学校の規則もありますが、子供たちに使用方法をきちんと伝えておくことが大切になります。

家族全員で防犯に対する意識を高めるためにできること

小学生の子供たちが毎日の通学、遊びなどで友達同士や一人で行動することはとても多いです。そこで防犯グッズを身につけることはとても大切なことですが、まず家庭で防犯に対してきちんと話をすることが必要です。何が危険で、なぜ危険なのかを明確にし、そして子供たちが理解しないといけません。危険な場所や道路もたくさんありますが、ただ場所を言うだけでなく、一緒にその場所へ行き、話をすると良いでしょう。また家族以外の人にはついて行かないことも大切です。顔見知りであってもついて行かないようにします。そして毎日必ず今日あったことを聞きましょう。そうするといつもと違ったことや、困ったことが出てくることがあります。きちんと子供の話を聞くことにより事前に防ぐこともできますので、毎日の会話を大切にし、家族全員で防犯に対する意識を高めていきましょう。